ベルスレンダーを効果的にはくには?覚えておきたい5つのステップ

意外に見られている、女性の下半身

一般男性が、つい見てしまう女性のパーツって、どこだと思いますか?

なんと、1位は脚。
2位はヒップ。

「え!バストじゃなく、下半身なの?」
実は、そうなんです。
ちなみにバストは3位だそうです。4位はお腹。
つまり男性からの目線のほとんどが、体の下半分に向けられているわけですね。

「下半身には自信がなくて。見られると恥ずかしいなぁ…」
そのように感じる女性、多いと思います。

でも大丈夫!
ベルスレンダーがあれば、下半身が一瞬できれいに。
本来よりも細く見せることができるようになりますよ♪

ベルスレンダーは、下半身を着圧するガードルです。
余計なお肉を引き締めて、太ももからウエストにかけてのラインを、スラッと整えてくれるんです。
しかも、はいた瞬間に。

「すごい!はくだけなのに、こんなにスリムに見えるなんて!」
ということで、ベルスレンダーは話題沸騰中~♪

ですが。
当然だけれど、効果を得るためには、正しく着用することが必要です。
誤ったはき方では、効果が十分に出ないことがあるんです。

ということで今回は、「ベルスレンダーの正しい着用方法」についてお話しします。
ぜひマスターして、魅惑のボディラインで世の男性を悩殺しちゃいましょう~♪

キレイに魅せる、ベルスレンダーの基本のはき方

ガードル

ベルスレンダーは、スリムに見せるための着圧ガードルです。
細く、美しく見せることが目的なんですね。

そのため、
「ブヨッとした部分を、いかにうまく収めるか」
これが、重要なポイントとなります。

要は、余計なお肉をどんどん詰め込もう!ってコトですね。
そして、押さえつけながら、きれいな形に整える!

これができれば、アラ不思議。
見違えるほど、美しい仕上がりに~♪

「うーん。私のこの大量のお肉が、入るかどうか…」
大丈夫ですよ。
ベルスレンダーは、そういう人にこそ効果が出やすいように、工夫して作られていますから。

まずは、基本のはき方をマスターしましょう。
以下の5つのステップを参考に、丁寧に着用してくださいね。

①ウエストと裾を数回折り返す

ベルスレンダーは、下腹をすっぽり覆う、ハイウエストタイプのガードルです。
丈は、セミロング。裾が太もも部分にあります。

まずはこの、ウエストと裾の部分を、それぞれ数回ずつ折り返しましょう。
ハイウエストを、ローウエストに。
セミロング丈を、ショート丈にする感じです。
折るのではなく、蛇腹状に縮めるのもOKです。

全体的に短くなりましたよね。
これで、格段にはきやすくなったはずです。
ショーツみたいに、脚をスッと入れて、お尻まで一気に引き上げることができます。

なぜこのような方法で着用するのかというと、生地を無理に引っ張らないようにするためです。
ベルスレンダーは、薄手のレース生地で作られているんです。
肌ざわりと通気性とを良くするためです。
薄いので、一箇所をつまんでグイグイと引き上げると、生地が傷んでしまう可能性があります。

でも、この着用方法なら大丈夫。
生地にあまり負担を与えることなく、手早くスムーズにはくことができますよ。

②折り目を戻す

お尻まで引き上げたら、折り目を元に戻します。

せっかくのハイウエスト+セミロング丈ですからね。
お腹も太ももも、しっかり包み込んでもらいましょう~。

折り目が残らないよう、ピン!と伸ばしてくださいね。
この時、爪を引っかけないように注意です。
伝線の原因になってしまいます。

伸ばしたら、ひとまず着用だけは完了です。
が!
ここで終わりにしちゃいけません。
一番大事な「補正」の作業が残っています。

これ次第で、仕上がりのボディラインが全然違ってくるんです。

③太もものお肉を入れる

まずは、太ももの補正からです。

ベルスレンダーの裾は、太ももの中ほどにあります。
なおかつ強めの圧がかかるので、このままでは太ももの下半分のお肉が、裾からはみ出てしまいます。
段差ができて、見苦しいシルエットになってしまうんですね。

そのため、はみ出たお肉は全部閉じ込めてしまいましょう!
具体的には、ウエスト部分から手を入れて、お肉を裾の中まで寄せ上げます。
太ももの内側のお肉は、特にはみ出やすいので、しっかり入れてくださいね。

キッチリ入れたら、段差が目立ちにくくなりますよ。
しかも、ベルスレンダーには「強着圧形状スリムライン」が搭載されているので。
太もも全体が、スラッとして見えるようになります。

④お尻のお肉を入れる

もちろん、お尻のお肉も逃しちゃいけません。
ベルスレンダーの中にしっかり収めて、キュッと引き締めましょう!

これも先程と同様で、まずはウエスト部分から手を入れます。
そして、太もも方向に流れたお肉を引っ張り込みます。

その上で、ヒップラインを整えてください。
ベルスレンダーには、お尻の丸みをつぶしすぎないよう、圧を逃す「ヒップアップポケット」がついています。
ここに適度にお肉を入れることで、女性らしいセクシーなヒップラインができます。

⑤お腹を平らに整える

女性は、下腹にも余計なお肉がついてしまいがち。
しかも、ウエストラインを境に、突然ポコッと飛び出てくる感じで。
これ、すっごく不格好なんですよね…(泣)

なので、この邪魔な腹肉も、ベルスレンダーにキッチリ収めてもらいましょう!
ウエスト部分を引き上げつつ、はみ出たお肉をどんどん入れていきます。

この時、単にお肉を寄せ集めるだけでなく、平らになるよう整えることがコツです。
一箇所に集中的にお肉を持ってくると、段ができてしまいますから。
ほどよく左右に逃して、なだらかなラインを作ってくださいね。

以上が、基本的な着用方法です。
この5つのステップを守ってはけば、ベルスレンダーは補正効果を十二分に発揮してくれますよ♪

ベルスレンダーを着用するならいつ?絶好のタイミングは?

さて、正しくはけば、それだけでスリムに見せてくれるベルスレンダー。
具体的には、いつ着用すれば良いのでしょうか?
効果の出やすい時間帯などは、あるのでしょうか?
ベストなタイミングを探ってみましょう~。

公式サイトによると、ベルスレンダーは、いつ着用しても良いそうです。
・お出かけする時
・お仕事をする時
・家にいる時
・夜寝る前
などなど、場所や時間を選ばず着用できます。
24時間、いつでもどこでも効果的!ということですね♪

そのため、個々の目的に合わせて着用しましょう。

①スリムに見せたい!

このような人は、人前に出る時に着用してください。
デートや合コンなどの勝負時には、特にオススメですよ。

もちろん学校や会社、お買い物などの、日常のお出かけでもオススメ。
どこに出会いのチャンスが転がっているか、わかりませんからね~。
普段からさりげなく、きれいでセクシーなボディラインをアピールしておきましょ♪

②骨盤のゆがみを正したい!

実はベルスレンダーには、骨盤サポート効果もあります。
下腹部やお尻にほどよい圧を加えることで、骨盤を適切な形に整えてくれるんです。

そのため骨盤のゆがみが気になっている人も、ぜひベルスレンダーをはきましょう。
オススメのタイミングは、お仕事中です。
特に立ち仕事やデスクワークをしている人は、骨盤に負担がかかりやすいですから。
出勤前にはいておけば、お仕事中はずっと、ベルスレンダーが骨盤を保護してくれますよ。

③余計なお肉を減らしたい!

なんとベルスレンダーは、脂肪燃焼もサポートしてくれるそうです。
生地に配合されているゲルマニウムが、代謝を活発にするのだとか。

このメリットは大きいですよ~。
なんせ、スリムに見せながら、本物のスリム体型になれるわけですから。

でもこの効果を得るためには、「できるだけ長時間、ベルスレンダーをはいておく」ことが大事です。
はいている時間が長いほど、燃焼サポート時間も長くなりますものね!

起きている間はもちろん、寝ている間も、ぜひ着用してください。
運動する時の着用も、超オススメです。
脂肪燃焼が、もっと進みやすくなりますよ。

ちなみに効果は、早い人で1週間くらいで実感できるそうです。
もちろん期間を長くするほど、効果は出やすくなります。

ベルスレンダーを上手にはくための4つの注意点

注意点

このように、嬉しい効果満載のベルスレンダー。
しかもはくだけで簡単ですから、継続しやすいですよね。
「毎日毎日、ずーっとはき続けたいな~♪」
という人も、多いと思います。

でもその場合、気をつけてほしいことが4つあります。
注意することで、着用を快適に続けやすくなりますよ。

①少しずつ慣らしていく

ベルスレンダーは、他社のガードルと比べると、着圧値が高めに設定されています。
締め付けるパワーが強いってことです。

そのため最初は、キツさを感じるかもしれません。
その場合は、決して無理をしないでくださいね。
まずは短時間の着用を繰り返し、少しずつ体を慣らしていきましょう。
慣れてきてからも、長時間はく時には、時々脱いでリセットするといいですよ。

ただし妊娠中や、妊娠の可能性がある女性は、着用そのものを控えてくださいね。
出産後に体調が戻ってから、骨盤ケアを兼ねて着用することがオススメです。

②ローテーションさせる

ベルスレンダーは、できるだけ複数枚を用意しておきましょう。
1着だけを毎日ずっとはき続けていると、生地が傷みやすくなってしまうんです。

ベルスレンダーにもお休みが必要ってことですね。
そのため、何枚かをローテーションさせてくださいね。

オススメは5着です。
これだけあれば、毎日はもちろん、1日に2~3回はき替えることができます。
朝起きた時や、外出先から家に帰ってきた時などですね。

「5着も買うと、お金が…」
と、気になる人もいらっしゃるかもですが。
ベルスレンダーは、公式サイトでお得なまとめ買いができます。
枚数が多いほど、1着あたりのお値段が安くなるんです。

たとえば、4着買うと1着オマケでついてきて、合計5着に!
これなら、お財布の負担も軽めですよね♪
(ただし数に限りがあるようなので、注文はお早めに)

③洗濯する時の注意点

長く着用する場合、当然ですが、お洗濯が必要になります。
ベルスレンダーは、下半身用ですから。衛生面での注意は必須です。

また、洗う時には必ず洗濯ネットに入れてくださいね。
他の洗濯物に絡まってしまうことを防ぐためです。

そして、色がブラックなので、違う色の服と一緒に洗うことは避けましょう。
塩素系漂白剤も、使用はNG。
干す時は、乾燥機を使わずに自然乾燥させてください。

この方法でお洗濯すれば、良い状態で長持ちしやすいですよ。

④オススメのコーディネート

快適に着用するためには、コーディネートも大事ですよね。

基本的にベルスレンダーは、露出度低めの服の下に着用します。
ハイウエスト+セミロング丈ですから。
ヘソ出しタイプのトップスや、ミニ丈のスカートと組み合わせることはできません。

逆に相性が良いのは、ボディラインの際立つ服です。
タイトなワンピや、スリムなパンツスーツなどですね。

「横ジワが気になって着れない…」
という人でも、下にベルスレンダーをはいていれば、スラッと見せやすいですよ♪

ベルスレンダーのまとめ

さて、今回はベルスレンダーの正しい着用方法をご紹介しました。
いかがでしょうか。
気をつけて着用することで、結果が全然違ってくることがおわかりいただけたかと思います。

特に大事な部分をまとめておきますね。

①基本のはき方

・ウエスト部分と裾を折って、短く縮めてからはく。
・爪を引っかけないように、折り目を戻して伸ばす。
・太もも → お肉がはみ出ないように、裾の中に押し込む。
・ヒップ → ヒップアップポケットを使い、丸く整える。
・下腹部 → お肉が平らになるように整える。

②着用するタイミング

・細く見せたい人 → 人前に出る時。
・骨盤をケアしたい人 → 骨盤に負担がかかりやすい仕事中がオススメ。
・燃焼をサポートしてほしい人 → いつでもOK。できるだけ長時間&長期間が良い。

③その他の注意点

・キツい時は、短時間の着用で、少しずつ慣らしていく。
・複数枚用意して、ローテーションさせる。
・洗濯する時はネットに入れて、干す時は自然乾燥。
・お腹や太ももの出ない服の下に着用する。

これらを頭に入れておけば、バッチリです♪

とにかく大事なのは、「いかにキレイに見せるか」です。
そのために、上手にお肉を隠しながらはいて、生地を傷めないようにお手入れして、コーデも工夫する!

男性に意外とチェックされている、女性の下半身。
見られても恥ずかしくないように、むしろ注目を集めちゃうくらいに、ぜひベルスレンダーで磨きをかけてくださいね♪